事務からヘルパーへのチャレンジ

私が信愛クリニックで働かせて頂くようになったのは、3年前のインフルエンザ予防接種の繁忙期の募集がきっかけでした。医療事務の仕事は初めてで30代半ば過ぎの自分にはチャレンジでしたが、30代で未経験でもチャンスをいただけるのとの事でしたので応募させて頂きました。

実際働かせてもらってみると、思っていたよりも忙しく、覚える事も多くて、やりがいを感じていました。新しいことへの好奇心もありましたが、不安も多く、いつもドキドキしていました。案の定、なかなか上手くいかない事もたくさんありましたが、やさしいスタッフと親切な先輩方に囲まれ、何とか頑張る事が出来ました。

最初は短期のアルバイトで働かせていただいていましたが、その後直接パートで働かせていただくようになりました。それからヘルパーとして勉強をして、新たなチャレンジをさせていただきました。週に1度ですが、ヘルパーとして働かせていただけることになり、利用者様のお宅の伺うようになりました。。

この信愛クリニックの色々なことにチャレンジさせて頂ける環境に、私はとても感謝しています。訪問に行く為に10年振りに自転車にも乗りました。2回転倒しました(笑)が今は大分慣れて来ました。自転車の運転に関する交通ルールも厳しくなったので、その点は気をつけたいと思います。

今はヘルパーとして半歩踏み出した感じです。まだ一歩までもいっていませんが、少しづつ勉強させていただいています。先輩のヘルパーの方々には、たくさんの事を教えていただいたり、助けていただいたりしています。不慣れな私にも、何度も何度も向き合って丁寧に教えてくださいます。

当院のスタッフ以外に、訪問に行かせて頂いている利用者様にもたくさん学ばせていただいております。ヘルパーとしてまだまだ未熟物の私を見守って下さっています。とても温かく、いつも元気を頂いています。医療事務やヘルパーとしての仕事に関する勉強の必要な私にとっては、素晴らしい環境です。色々なことにチャレンジし、勉強させていただけていることにとても感謝しています。

事務/ヘルパー N


ページのTOPへ