ご存じですか?皮ふとこころとからだの関係

信愛クリニックとおおふな皮ふ科との連携について。
今回は、2013年4月に開院した、おおふな皮ふ科と皮ふとこころとからだの関係についてご紹介したいと思います。

信愛クリニックで日曜日のみ診察していた皮膚科が、信愛クリニックの2件隣におおふな皮ふ科として、2013年4月に開院しました。

皮膚はこころとからだ内部の状態とも密接な関係にあります。例えば、皮膚のかゆみや湿疹がからだ内部の異常から起きていることがあります。

少し例を挙げると、糖尿病、膠原病、肝機能障害などがあります。その際には状態によって、採血や超音波検査などで原因検索をおこない、原因を取り除いたり、コントロールをつける治療が必要となってきます。

また、皮膚は目に見え、手で触ることができるためにこころとの強い結びつきがあります。ストレスが強い状態にあるときに、からだをつい掻いてしまったといった経験がないでしょうか?皮膚は掻いてしまうとダメージを受け、再びかゆみが起きやすい状態になります。掻く→かゆみが増す→掻くといった連鎖が起きやすくなります。

一連の癖が皮膚の状態を悪化させてしまうこともあります。逆に、皮膚の状態がよくないと周りからの視線が気になり、気持ちが消極的になったことはありませんか?人に見られたくないと視線をそらしたり、行動範囲が狭まってしまうこともあり、皮膚の状態が社会生活にも影響することがあります。

こころを良好な状態にすることで、皮膚の状態もよくすることができることがあります。
逆に皮膚をいい状態にコントロールすることで、こころの状態をよくすることができることもあります。

信愛クリニックとおおふな皮ふ科は連携関係にあり、必要な情報交換・検査など各種の調整を容易に行うことができます。

おおふな皮ふ科では、新生児から年配の方まで、目に見える範囲の皮膚であれば診察可能です。きれいに治すをモットーに、信愛クリニック同様、土日・お昼の時間も診察しています。必要に応じて、手術やレーザー治療、美容皮膚科の相談も行っております。

福永院長他、数名の医師が在籍しています。医師の指定も可能です。皮膚のことならなんでもお気軽にご相談ください。

おおふな皮ふ科 加藤道子

ページのTOPへ