看護助手ってどんな職業?

今回は、看護助手として信愛クリニックで働いている私が、あまり知られていない看護助手のお仕事についてご紹介したいと思います。

看護助手は看護師や准看護師とは違い資格を持たないので医療行為を行うことが出来ません。主な仕事は医療機関で医師や看護師のサポートをします。医師や看護師がスムーズに診察や検査を行えるように患者様の誘導や介助をします。その他には物品の管理、発注、検査や処置の準備や補助などを行います。

私は自分がどう動いたら相手の負担がなくなり楽になるかなと常に考えながら業務を行っています。また、医療現場で働くので小さなミスも絶対に許されません。慎重に責任を持って業務を行うこともとても大事です。

看護助手は大変な仕事であるとか、資格がなくては出来ないといったイメージを持たれている仕事ですが、そういったことよりも、責任感や思いやりがあり誰かの役に立ちたいという思いが重要になる仕事だと思っています。診療科によっても仕事内容が違い診察の介助もするので医療機関での知識も取得出来てとてもやりがいのある仕事です。

医師や看護師と関わりも多いので医師の豊富な知識や技術、患者様への思い、看護師の医師や患者様へのサポートも間近で感じることもできます。そんな経験は中々出来ることではありません。

患者様と直接関わる仕事なので初めは悩みや苦痛を訴え来院していらしたのが診察を重ねるたびに症状が良くなっていくのを間近で感じることが出来ます。患者様が笑顔になっていくことが自分の活力になっています。

看護助手は患者様、医師、看護師や事務と関わっていくのでコミュニケーションを上手にとれる方も適しています。問診をとることもあるので患者様の話を親身に聞くことが出来て患者様が話しやすい雰囲気をつくれる方も適しています。

言葉の通り【助手】とは誰かに手を差し伸べ助けることです。看護助手にとって大切なことはは人を思いやる気持ちと誰かの役に立ちたいという気持ちだと強く思っています。

おおふな皮ふ科 看護助手 I


ページのTOPへ