信愛クリニックと私の出会い

はじめまして、こんにちは。信愛クリニックで医療事務をしていますHIROKOです。信愛クリニックに勤めて10年目くらいになります。

今回は私が信愛クリニックで勤務することになった「経緯」について皆さんにご紹介させていただきたいと思います。ずいぶん昔のことなので、昔の事を思い出しつつ書きたいと思います。

10年前は子供が幼稚園に通っていたので、専業主婦をしていました。まだ子供が小さいこともあり働くということはあまり頭にありませんでした。働いているお母さんは家事・育児・仕事を両立していてすごいなぁと尊敬をしていました。そんなある日、信愛クリニックで臨床検査技師として働いているママ友から「バイトしない?」と誘いの電話をもらいました。

臨床検査技師のエコー検査の練習の為にお腹を貸す仕事でした。エコー検査が出来るようになるには相当の回数の練習が必要となります。その方は、まだ患者様には直接エコーは出来ないので練習台として私のお腹を貸しました。当時はまだエコー検査が出来るスタッフが信愛クリニックにはおらず、他院で研修をさせて頂いていたようです。誰かの為になって、そしてお金も頂ければと思いやってみることにしました。2ヵ月くらいエコー検査の練習台としてアルバイトをし、練習期間満了の為に一旦そのアルバイトは終了しました。

それから、何ヶ月か経ち、またママ友から連絡が入りました。

「今度は掃除のバイトがあるんだけどやらない?」

クリニック内を掃除する仕事でした。友達と2人クリニックに出向いて午前中ひたすらクリニックの掃除をしました。そのときは。これで私と信愛クリニックの繋がりは終わりかな、と思っていました。そのため、どこかでパートの仕事を探そうと思い近所にオープンするコーナンでパート勤務の応募をすることにしました。スーパーやホームセンターではで働いたことが無く、興味もあったので面接を楽しみにしていました。そんな時、また例のママ友から電話がありました。

「今野さん、信愛クリニックで毎日掃除をしてくれる人を探してるんだけど、やってみない?」

と聞かれました。「え!?」全く考えていなかったし、コーナンの面接あるし・・・と悩みましたが、ママ友の強い押しがあり行ってみることにしました。

「今すぐ履歴書を書いて信愛クリニックに来て!」と言われ慌てて履歴書を書いて飛んで行ったのを覚えています。緊張しながら院長室に入りました。「この人が院長先生か!思ったより優しそう」それが第一印象でした。院長は私の採用を即決して下さり、また信愛クリニックでお世話になることになりました。

私のママ友が私と信愛クリニックを繋ぐキューピットをしてくれて、いまだに感謝しています。


ページのTOPへ