動脈硬化って?

◇動脈硬化って?

動脈硬化ってよく聞きませんか?

テレビでも最近取り上げられていますよね。

読んで字のごとく、血管が硬く変化する事です。

しかし血管が硬くなったところで、症状は出てきません。

では、何故怖い病気として取り上げられているのでしょう?

 

◇何が怖いの?

動脈硬化の何が怖いのか?

それは、『合併症』です。

動脈硬化が原因で引き起こる病気が恐ろしい病気なのです。

『心筋梗塞』『脳梗塞』

どちらも動脈硬化が原因で引き起こる病気です。

心臓も脳も細い血管で栄養されています。

動脈硬化が進むと血管内がもろくなり、お粥のような塊が血管内にできてきます。

その状態が悪化すると血管が詰まってしまい心臓や脳など細い血管が詰まってしまい栄養が行かなくなり心筋梗塞、脳梗塞になってしまう訳です。

心筋梗塞、脳梗塞はとても恐ろしい病気です。

 

◇どうやって防ぐの?

①食生活の改善

甘いもの、油っぽいもの好きじゃないですか?

私も甘いものや揚げ物が大好物なのですが、動脈硬化に関係すると言われています。

バランスの良い食事、過食しないなど食生活に気を付けましょう!

②タバコ

喫煙者と動脈硬化は大きな関係があると医学的に証明されています。

当院は禁煙外来もやっていますので、やめたい!という方は是非!

③運動

ウォーキングなどで自分に合った運動をしましょう。

④定期的な検査

私はこれが一番大事かなと感じています。

自分の血管が今どんな状態なのか?知っておくと健康に意識がいくと思います。

当院でも『頸動脈エコー』『血液脈波測定』など動脈硬化を調べる検査ができます。

 

◇血液脈波測定(ABI)

9月に新しく機械が入りました。

あなたの血管年齢は何歳?という結果表示がされます。

私も検査しました。私20代ですが、血管年齢は30代でした…。

食生活に気を付けます。

興味がございましたらスタッフにご気軽にご相談ください。

 

臨床検査技師 松崎陽介

 


ページのTOPへ