オススメの映画

こんにちは。
事務スタッフの増田です。

皆さんは、映画によく行かれますか?

私は普段、あまり映画館には行かないです。
しかし同僚の方々からおすすめの映画を教えてもらい、この前久しぶりに映画館に行ってきました。
その映画は、「インサイド・ヘッド」というディズニーの映画です。
とても楽しみつつ、そして深く感動させて頂きました。

この映画の登場人物は、ライリーという少女と、彼女の頭の中の「感情」達です。
「感情」達は擬人化されていて、少女の頭の中で彼女が生まれてからずっと毎日、彼女の幸せのために頑張っています。
「感情」達の名前は、「ヨロコビ」「カナシミ」「イカリ」「ムカムカ」「ビビリ」です。
それぞれの「感情」が、彼女の「幸せ」を真剣に願っていることに感動します。
そして、それぞれの「感情」にちゃんと役割があることを知ることで、
自分の中の「感情」にも愛着を感じ、自分を大切にできる。そんな、映画なのです。
もし自分のことが嫌いな人がいたら、私はこの映画をオススメしたいと思います。

さてせっかくなので、私からもう一つオススメの映画を紹介させて下さい。
「パコと魔法の絵本」という映画です。
「告白」という映画で日本アカデミー賞最優秀監督賞と最優秀脚本賞を受賞した中島哲也監督が、2008年にこの映画を公開しました。
楽しく笑って、最後には感動して泣ける作品です。
童話仕立ての楽しい内容と、主役アヤカ・ウィルソンのピュアな演技がポイントになっています。
役所広司さんや他の個性的な出演者の方々の演技もとても光っていて、それが優しく心に染みいるのです。
この映画のテーマは、「人にとって一番大切なものは何か?」だと、私は考えています。
あなたは、お金よりも大切な、人生で一番価値のあるものは何だと思いますか?
この作品では、その答えがわかるはずです。
私もこの作品の答えに、心から賛同します。

もしよかったら、レンタルショップで借りて、観てみて下さいね。


ページのTOPへ