国内旅行でオススメの場所

こんにちは。事務スタッフの増田です。

最近はあまり旅行にも行かないのですが、昔は友人と夏休みの時期を合わせて、
よく国内旅行に行ってきました。

北は青森から、山陰地方、四国、九州。旅行した範囲は、かなり広いです。

公共の交通機関を使って現地まで行き、そこからはレンタカーで移動します。
国内を旅行するなら、このスタイルが一番楽です。
レンタカーにはカーナビが標準装備されていたので、迷うこともありません。
ガイドブックにある目的地の電話番号を入力すれば、後はカーナビにお任せですからね。

車を持っていなかった私にとっては、運転のよい練習にもなりました。
日本は、やはり山が多いです。
山道の上り下りの運転は、この一連の旅行で習得することができました。

時々発生するハプニングも、旅の醍醐味(だいごみ)です。
カーナビが遠回りの道を示したことがありました。
「え?この県道をまっすぐ行けば近いのに・・・」
そう友人と話して、カーナビが推奨していない県道を通ったのが運の尽きでした。

県道とは名ばかりで、落ちたら谷底のフェンスもない1車線の山道。
しかも、段々と日が暮れていきます。
もちろん街灯なんて設置されていないのです。

「これで対向車が来たら、すれちがえない!」
「なんで、こっちの道に行こうって言ったんだよ!」
本当に焦りながら、友人と少し喧嘩になりつつ、
私達の体感的には「命からがら」その道を抜けることができました。

まあ、今になったらよい思い出です。
お互い好きな音楽を持ち込んで、旅行先の車中を楽しみました。
とてもよい時間でした。

さて日本各地を旅行した私から、オススメスポットベスト3を紹介したいと思います。
第3位 高知県の四万十川
「日本最後の清流」と呼ばれている日本で唯一ダムのない自然の川。
それが、四万十(しまんと)川です。
四万十川に着いたら、まず天然物のウナギを食べて下さい。
養殖物とは、全然味が違います。
高知県なので、鰹のタタキ等、海の幸も絶品です。
コンクリートで覆われていない自然の清流とはどんなものか、
是非その目で確かめて欲しいです。
(よかったら、「四万十川」で画像検索してみて下さい)

第2位 岩手県の遠野
柳田国男の遠野物語で有名な、妖怪の地です。
座敷童やカッパの伝承が残ります。
日本昔話に出てくるような古きよき日本の風景。
不思議な懐かしさが、心にこみ上げてきます。
民間信仰の神「おしら様」が祭られている伝承園の光景は圧巻です。
遠野から車で移動できる小岩井農場も、家族で楽しめます。

第1位 熊本県の阿蘇、天草諸島
世界最大のカルデラを有する阿蘇山。
火口を囲む外輪山を道路が巡っており、そこをドライブする風景が絶品です。
尾根のような地形を走るため、左右の眼下に、眺めのよい景色が広がります。
夜は阿蘇の大自然の中で、露天風呂のある温泉宿に一泊。
翌朝は、天草諸島をつなぐ何本もの橋を車でゴー。
綺麗な青い海の上を走っていると、天国にいるような幸せな気分になります。
また、隠れキリシタンの史跡も訪ねて、
当時の人達の純粋な想いに触れてみるのは、いかがでしょうか。

以上、私のなかの国内旅行ベスト3でした。
国内の旅では、
海外で味わうカルチャーショックとは真逆の、郷愁を味わうことができます。
温泉もどこにでもあるし、食べ物も美味しいです。

「心」が疲れてきたら、今度国内の旅を計画してみませんか?


ページのTOPへ