お散歩と読書のはなし

事務スタッフのAKIです。
わたしは早朝にお散歩をするのが好きなのですが、実はここ最近サボリ気味でした。
秋になり、歩くのにも良い季節なのでまた再開しました。お散歩というよりもウォーキングかな。腰をフリフリ、ウエストよ細くなれ~。と思いながら。笑

朝の5時半に起きて、身支度を整えて出発するのですが、太陽がのぼり、空もすっかり明るくなっています。まだ秋分の日を迎えたばかりなので、日はまだ長いようです。
川沿いの道を40分ぐらい歩くのですが、水の流れる音、鳥のさえずり、まぶしい太陽、流れる雲、咲きほこる花たち。何を見ても朝は気分がいいものです。

行きかう人々も全く知らない人たちなのですが、「おはようございます」とあいさつをしながらすれ違うのも楽しみな時間です。大体50人以上の人とあいさつできてると思います。一期一会を感じて嬉しくなります。

私がお散歩をしている一番の目的は体力づくりとカラダのシェイプアップなのですが、季節を体感することができるのもとっても楽しいです。

そうやってすがすがしい朝の時間を過ごすと、帰宅してからまた何か自分のために時間を使いたくなります。最近はまっているのが読書です。
先日読んだ本で、「死ぬ気で働いたあとの世界を君は見たくないか!?」という本がめちゃめちゃ良かったです!タイトルはびっくりするような感じなのですが、本気で働くとどんないいことがあるのか?が書いてあって、とってもやる気が出てきました。
アマゾンでもなかなかの高評価だったので、オススメです。


ページのTOPへ