趣味のオリジナルグッズ作りについて

こんにちは。事務スタッフの林です。
すっかり日差しが秋らしくなってきましたね。日焼け対策はいかがですか?

今回は趣味の話をしようと思います。

昔から物作りや絵を描くことが好きだったので、休みの日に自分で考えたゆるキャラのオリジナルグッズを作っています。
プラバンという、オーブンで焼くと縮んで固くなるプラスチックの板を使ってブローチやストラップを作ったり、フェルトで人形を作るのがとても楽しいです。

プラバンブローチを作り始めて2年ほどになりますが、最初はポスカで描いた絵がブローチになるだけで良かったのに、だんだん職人魂が出てきてアクリル絵の具を使ったり、仕上げにレジン(樹脂)を乗せてコーティングしたりと、工夫を凝らすようになりました。
技術向上も目指すようになり、コーティングに気泡が入らないようにとか、裏からピンが透けて見えないようにとか、気にする部分も増えました。

上達してからはネットやアートイベントに参加して販売もしています。
販売してみる側になると、値段ひとつ付けるのでもとても悩む事に気付かされました。かかった手間や材料費もろもろ…こんな値段で買ってくれる人がいるのかな、とか、ドキドキする事ばかりです。でも、「これだけ頑張ってこれだけの費用がかかっているから、付けた値段を見ても「ほしい」と思ってくれる人に買ってもらえれば良い。その分買った人には納得してもらえるだけのクオリティで作るよう努力しよう。」と考えるようになり、今はよりよい作品作りに力を注いでいます。

趣味といえど本気でやるから楽しめると思っているので、作り終わった後はクタクタになりますが、出来た作品を見ると次も頑張ろうと元気が出てきます。

ここ最近はハンドメイドを少し離れ、自分のデザインを業者さんに頼んでグッズ化してもらう事を始めてみました。高校生の時に作ったクラスTシャツ以来でしたが、今では色んな物が個人で作れるようになっていてびっくりです!ポーチやキーホルダー、布までもデータや写真を送るだけできちんと品物になって返ってきます。先日缶バッジを作ったのですが、なかなかの出来で満足です。どんどん試してみようと思っています。

デザインだけでなく音楽もやっているので、趣味なのにどこまでいくの、とか、どこを目指してるの、とかよく言われるのですが、自分を何かしらの形で表現することが好きなのだと最近気付けたので、その時したいと思う表現方法を今後もとっていきたいと思っています。

そのうち超有名デザイナーになってテレビに出るかもしれないので、その時は「あのコラムの人がこうなったのか…」と思い出してみて下さい。(笑)


ページのTOPへ