佐渡島をご紹介

こんにちは事務スタッフのIです。

信愛クリニックのスタッフには北は北海道から南は鹿児島まで地方出身者が多くいます。
そこで今回は私の出身地の佐渡島をご紹介したいと思います。

みなさんは佐渡島が何県にあるかご存じですか?
佐渡島は新潟県にあります。
関東からは上越新幹線で新潟まで行きその後フェリーで移動します。
フェリーは新潟港から佐渡の両津港まで2時間半かかります。
夏の時期は船のデッキに出ると風も気持ちよく楽しい時間を過ごせますが
冬になると波が高くなり船内を歩き回っているとたちまち酔ってしまいます。
波が5mくらいあっても船は欠航しませんが傾きそうなくらい船は揺れます。
慣れている地元の人は船が出航したらすぐに寝てしまいます。

見所としては金山やたらい船に乗れるところ、透視船などがあります。また、佐渡にしかいない天然記念物のトキが保護されている施設があり見学できます。
トキは近くで見ると顔が赤く、くちばしもするどいので決してかわいい鳥ではありませんが野生で飛んでいるトキは薄ピンクの羽がとてもきれいです。
野生のトキは普段は森で生活しています。朝と夕方のごはんの時間だけ田んぼのある麓に
降りてきて田んぼにいる生物を食べます。普段はなかなか見ることができませんが朝など運がいいと田んぼから飛び立つトキを見ることができます。

食べ物はお刺身やお米はもちろんおいしいですが、私のオススメは佐渡バターです。
佐渡牛という佐渡島内でしか出まわらない牛の牛乳から作る佐渡バターがとてもおいしいです。

もし佐渡を訪れるのであれば春~夏をおすすめします。
春には黄花カンゾウという黄色い花があちこちに咲きます。二つ亀という亀に似た小さな島があり春には甲羅の部分が黄色に染まります。6月には小川のほとりに蛍がとんでいます。海も岩場が多いですが小さな魚がたくさんいます。
大きな観光スポットはありませんが、自然とおいしい食べ物はありますのでご興味のある方はぜひお越しください。


ページのTOPへ