研修レポート

こんにちは。受付事務のDです。
朝晩冷え込むようになってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、私は先日受付事務3人で研修に行ってきました。
今回の研修は接遇に関する研修です。

着慣れないスーツでどきどきして参加しました。私たち3人の他には、北海道から来た20代の医療コンシェルジュから、薬剤師歴20年のベテランスタッフまで様々な方が参加していました。

講師は元CAの先生です。一挙一動が洗練されており、ついつい見惚れてしまいました。言葉遣いも物を拾う動作もひとつひとつが丁寧で美しい。どんな訓練をしたらこんな素敵な女性になれるのだろう?何か少しでも盗んでいけるものがないだろうか、と先生の動きをじーっと見つめていました。

じっと見ていて気がついたことは、訓練で覚えたことをしているだけなのではなく、訓練で鍛えたハートが形になって表れているのだということです。心から人を敬い、もてなす気持ちを持って初めてその美しい立ち居振る舞いが表現として表れてくるのです。
先生の気遣いと心配りがそのまま所作として表れているのだと気がついたとき、先生がより一層光り輝いて見えました。きっと長い時間をかけて訓練してきた賜物なのだろうと感じました。

研修では自分が患者様にどう映っているか客観的に見るために、自己紹介の様子をビデオに撮りました。少し先生の所作を意識していて撮影に臨んだはずなのですが、思い描いていた自分と全く自分が映っていてとてもショック…。
患者様からはこう見えているのだなと反省すると同時に、もっと知的で落ち着いた女性になろうと決意しました。

時間をかけて自分のハートを磨き、いつか先生のような内からでる美しさで魅了する大人な女性になろうと思います。

まだまだ未熟者ですが、日々鍛錬を重ね、美しい所作でみなさまをお迎えしたいと思います。ご来院の際はぜひ、少しずつパワーアップしていく私たちにご注目ください。


ページのTOPへ