幸せの存在とご祝儀貧乏

臨床検査技師の村松です。
もうすぐ今年も残すところ1ヵ月半となりました。
1年が経つのはあっという間な気がします。
あっという間に感じるのはこの1年が充実していたためか、または私が歳をとったから早く感じるのでしょうか…。
私は今年で28歳になります。妻ともうすぐ1歳になる娘もいます。
娘はパパとママが認識できるようになってきて、よちよち歩くようになりました。
子供と遊んだり寝顔を見たり、寝かしつけながら一緒に寝てしまったりするのが最近の至福の時間です♪

こんな私ですがまだまだ学ぶことがたくさんあり成長しなければいけないのですが、妻や子供の存在を感じたり、30歳を目前にすると大人になった気がしています。
大人になると周りの環境も変わってきます。
転職していたり、留学していたり、結婚や出産などを経験しています。
嬉しい事に私の周りではここ最近結婚する友人が増えています。

私は結婚式がとても好きです。
新郎新婦の幸せそうな顔、両親の嬉しそうな顔や泣いている姿はとても感動的です。
友人たちの心からお祝いしている姿を見るとこちらまで幸せな気分になれます。
美味しい料理とともに久しぶりに会う友人たちと話すことができるのも良いですね。

実は11月に3回も結婚式に招待されています!3週連続です!!
今月は幸せな気分になれる月です。
友人の幸せそうな顔をみたり、美味しい料理とお酒を堪能して来ようと思います。

しかしここで1つ問題が。
それは出費がキツイ!!ということです。
京都、東京、新潟の順に行きます。交通費も結構かかります。
『ご祝儀貧乏』とはよく言ったものです…
先月も我が家は2回結婚式に招待されておりまして、2ヵ月で「5回」の結婚式。
心は幸せな気分で満たされますが、我が家の財布はすっからかんです。
お父さん仕事頑張ります!

なんだかんだ言いましたが、今月は楽しみな気持ちで過ごしています。
私も精一杯お祝いしてきたいと思います。
また、このコラムで式の様子でもお話しできればと思います。
では今回は結婚式貧乏の村松でした。


ページのTOPへ