早期発見

 

こんにちは臨床検査技師の松崎と申します。

今回はエコー検査についてお話しさせていただきます。

 

エコー(超音波検査)って何?

超音波とは人が聞くことのできない高い周波数の音波の事です。

その超音波を発する機械を臓器に当てて、反射した音波を画像化して病気がないか調べる検査の事をエコー検査といいます。

 

エコー検査ではどういった事が分かるか?

まず、見れる臓器として代表的な部位を挙げると腹部(肝臓、胆のう、すい臓、腎臓、脾臓、膀胱、前立腺、子宮、卵巣、大動脈、など)心臓、頚動脈、甲状腺、下肢血管があります。

目的の臓器にエコーを当てて異常がないか調べます。

 

エコー検査はどんな時に受けるのか?

腹痛など腹部に症状がある場合は腹部エコー検査をお勧めしています。

もし、内臓に異常があって症状が出ている場合エコー検査で分かります。

ただ、今回お話ししたいのは症状がない時の検査の重要性です。

私はエコー検査を通じて色々な病気を見つけてきました。症状がない方も病気は見つかります。特に症状は無いけど、エコー検査をしたらガンがたまたま見つかった方など悪い病気は偶然見つかることはよくある話です。

ガンと診断されても助かる方も沢山見てきましたが助かる方にはある共通点があります。それはいずれも『早期に発見』された方です。

 

そこで皆様に心がけていただきたいことがあります。

それは、定期的な検査を受けることです。定期的に検査を受けることによってガンが発生しても早い段階で見つける事ができます。

定期的に検査を受診して安心した生活を送っていただきたいと当院スタッフは思っております。

 

信愛クリニック

検査技師 松崎

 

 

ページのTOPへ