このコースでは、看護師を対象に、心のケアができるエキスパートを育成します。

本コースでの二年間の学びを経て、カウンセラーとしての実力を備えたとHuman will が認定した看護師を、「看護カウンセラー」と定めます。
ですが、Human will が提供する教育はすべて、資格や知識を与えるためのものではありません。受講者たちを深みのある成熟した人間に育てあげ、世に送り出すことで、より良い社会作りに貢献することを目的としています。

Human will では、カウンセラーがクライアントと向き合うにあたって最も大切なことは、そのカウンセラーの人間性であるというポリシーに基づき、プログラムを組み立てています。

看護師がカウンセラーとして患者さんとの真の信頼関係を築くためには、看護師自身がハート力を高め、人間力を磨くしかありません。その為には、まずはあなたが自分自身を深く知り、自分を受け容れ、自己愛を育むことへの取り組みが欠かせません。さらに、あなた自身が他者と深い関係を築けるようになるには、表現力を磨き、コミュニケーション力を身につけることが必須です。人の心を扱うプロフェッショナルとして、人を導く存在となるためには、それ以外に道はないのです。
看護カウンセラー養成コースでは、看護師の人間力とコミュニケーション力を磨くことに2年間を費やします。

Human willの看護カウンセラー養成コースは、人を根底から成長させます。
すなわち、ここで学んだことは看護師としての学び、あるいはカウンセラーとしての学びに終りません。母として、妻として、上司として、友人として、どのようであれば人と関わるなかで愛情関係を築き共に成長していけるのか、どうすれば人間関係を通じて満たされる人生を歩めるのか、という問いへの回答がすべてここに凝縮されています。また、そういったことを探求していないカウンセラーが、クライアントが抱える心のあらゆる問題に対応できる訳がありません。

愛に基づいて物事を判断するとは、どういうことなのだろう?
家族や仲間の気持ちを理解し、互いに支え合うにはどうすれば良いのだろう?
我が子と心を通じ合わせるには、どうすれば良いのだろう?
こじれた人間関係を修復するには、どんな行動を起こせばいいのだろう?
自分を取り巻く環境や世の中を変えるには、なにから始めたらいいのだろう?
優れたリーダーになるためには、なにを学べばいいのだろう?
Human willは、これらの問題に対して、明確に道を示します。

そして、看護カウンセラー養成コースで学んだ人たちが、そこで得たものを自らの生き様をもって示しながら社会生活を送ることで、周囲の人たちに影響を与え、それはゆっくりであっても確実に、医療をはじめ、社会を根底から変える原動力になるはずです。
愛に基づいた在り方を学びにHuman willに集まってくる人達は、新しい時代のリーダーとして、世の中を変えてゆくことでしょう。

なぜ、医療改革は看護師からなのでしょう?

現代の医療を改革しようと思ったら、これまで散々心の問題をないがしろにしてきたという根本問題に、現場のスタッフが取り組む以外にありません。
本来であれば、医師の意識から変えてゆきたいところですが、その実現を遠く感じてしまうのが現実です。なぜなら医師は、どうしても知識や技術に偏りがちであり、エビデンスを重視する昨今の医学の風潮を考えても、感情や感覚を重視した心の領域には馴染みにくいのです。
それに対して、もともと感性が豊かな看護師は、心の世界に自然に順応することができます。

また、カウンセラーという役割を考えたときも、医師がカウンセラーとしての役割を兼任することは現実的ではなく、そのような願望を持つ医師も希だと思います。
ですが、常に患者さんの近くにいる看護師は、普段から患者さんの心の内に耳を傾け、患者さんの想いに共感しています。患者さんの心のケアができるようになりたいと心から願う看護師は、私の知る限りでも少なくありません。

カウンセラーとして真に患者さんの力になるために必要なことは、資格や難しい知識ではなく、人間力です。大学で心理学を学び、大学院にいって本を読みながら論文を書いたところで、人間力は身につきません。
それよりも、人によっては子供を育てながら夜勤をこなし、患者さん本人や御家族とコミュニケーションを重ね、患者さんの生死に寄り添い、さらには、わがままな医者にも対応してきた看護師は、数々の試練を乗り越えてきたといえます。
そのような経験は、心理学の教科書を何冊も読むこと以上に、よほど人間力を高めてくれます。
だからこそ、Human will のポリシーやHuman will が提供する教育を、本当の意味で理解し、身につけることができるのは、まず看護師であろうと考えたのです。

Human will が世界で初めて提唱した「看護カウンセラー」という存在は、これまで心と身体の問題を完全に切り離してきた現代医療を、根本から変えるきっかけとなるはずです。

セミナーのご案内