花粉症外来

一般内科 各種健康診断
一般内科

花粉症外来

花粉が気になる季節を過ごしやすくするため、花粉症外来でケアしませんか?
早めの対策がポイントです。

  1. 土日、夜間も診察可能。
  2. 原因の特定と、早めの対策が大切!的確にアドバイス。
  3. 効能と特長だけでなく、それぞれに合ったお薬を相談しながら処方。

ここが違う。症状で見る花粉症と風邪の違い。

くしゃみや鼻水など、風邪と似た症状のため、花粉症と気がつかない人も多いようです。
花粉症と風邪の違いを、症状を比較してみてみましょう。

こんな症状があったら花粉症かも?
  • 連続したくしゃみ
  • 鼻水が無色でサラサラとしている
  • 毎年同じ時期に同じ症状を繰り返す

薬の処方

初めての方は2週間分。様子を見ながら長期処方も可能

処方したお薬は、服用しなくても返品はできません。
初めての方の場合は、そのお薬が適しているかどうかを見る必要があるため、まず2週間分を処方します。症状に改善がみられるようであれば長期処方も行います。

漢方薬も処方

漢方薬の処方も行っています。
妊娠している方はもちろん、授乳中の方、通常のお薬の服用が難しい方でも、ぜひご相談ください。
漢方が得意な先生が在籍しております。

ピーク前の対策

症状がつらくなる前に早めの対策を

花粉症は症状が進むと集中力の欠如や、さらに食欲減退、悪心等の胃腸症状、頭重感、全身倦怠感などにつながります。
住空間での対策やふだんの生活の中での工夫について、的確なアドバイスを行います。

花粉症は早めの対策が大切。
気になったら、気軽に受診してみてください。

外来主任看護師
白井くみ恵(しらいくみえ)

花粉症の代表格はスギ花粉ですが、そのほかにも多くの植物が、花粉症を引き起こします。
アレルギー性の鼻炎ですので、花粉に限らず、ホコリやダニなどでも花粉症と同じ症状が出ることがあります。
大切なのは、症状の原因をつかむことと、それにあわせた対策です。
ストレスや睡眠不足、アルコールの飲み過ぎなども鼻の粘膜に影響することがあります。
当院は、治療はもちろん、そうした花粉症の対策についてもアドバイスします。
平日だけではなく、土日の診察も受け付けていますので、気になる方は、ぜひ、ご予約の上お越しください。

ページのTOPへ