JR大船駅 笠間口 徒歩8分

スギ花粉症は、スギ花粉が原因

アレルゲンとなっておこる、アレルギー疾患です。
主にくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの
辛いアレルギー症状を伴い、その症状によって、
日常生活の様々な場面で、影響を及ぼすことが解っています。

スギ花粉症の治療法

アレルゲン免疫療法があります。アレルギーの原因になっている、
アレルゲンを少量から投与することで、身体をアレルゲンに慣らし、
アレルギー症状を和らげたり、日常生活に与える影響を
改善するなどの、効果が期待されます。

舌下免疫療法

これまでにスギ花粉症に対する、アレルゲン免疫療法は、
医療機関で、皮下に注射する、「皮下免疫療法」だけでした。
しかし、最近では、舌の下で治療薬を保持する、
「舌下免疫療法」のお薬が登場し、自宅で服用できるようになりました。
スギ花粉症の舌下免疫療法

スギ花粉と確定診断された患者さんが治療を受けられます。
当院では39種類のアレルギー物質を一度に調べられる、
View39という血液検査をお勧めしております。


服用期間の例

●1日1回、少量から服用を始め、その後決められた一定量を、
数年にわたり継続して服用します。
●初めての服用は、医療機関で、
医師の監督のもと行い、2日目からは自宅で服用します。
接種期間
治療薬を舌の下に置き、1分間保持した後、
飲み込みます。その後、5分間は、
うがい・飲食を控えます、スギ花粉が飛んでいない、
時期を含め毎日服用します。
接種のしかた

服用時に避ける事

服用する前後に時間程度は、激しい運動、アルコール摂取や、
入浴を避けるようにしてください。
避ける事

効果を発現するメカニズム

舌の下から入ったアレルゲン(スギ花粉)が体内で反応し、
アレルギー反応を抑制する、免疫反応がおこることで、
症状が抑えられると言われています。
原理

期待できる効果

長期にわたり、正しく治療が行われると、
アレルギー症状を直したり、長期にわたり症状をおさえる、
効果が期待できます。症状が完全に抑えられない場合でも、
症状を和らげ、アレルギー治療薬の、減量が期待できます。
接種期間
舌下免疫療法ご希望の方へ
舌下免疫療法Q&A

Q:舌下免疫療法とこれまでの薬物療法との違いは?


A:これまでのお薬は、症状を起こす物質(ヒスタミン)の
働きや鼻の中の、炎症を抑えて症状を和らげます。
アレルゲン免疫療法は、体をアレルゲンに慣らして、
症状をやわらげたり、根本的な改質改善が
期待できる治療法です。

Q:いつから始められるの?


A:スギ花粉が飛んでいる時期は治療を
開始する事が出来ません。スギ花粉症の
「アレルゲン」は、「スギ花粉」であり、
スギ花粉が飛んでいる時期は、アレルゲンに対する反応性が、
過敏になっています。その為、スギ花粉が飛んでない時期に、
治療を開始します。治療開始時期については、
医師とご相談ください。

Q:どれくらい治療するの?


A:少しづつアレルゲンを、投与し体をアレルゲンに、
慣らす事から始め、数年にわたり、継続して服用します。
(3年以上推奨)その為、定期的な受診が重要です。

Q:効果はいつから現れるの?


A:長期間正しく治療が行われると、
アレルギー症状を直したり、治療終了後も長期にわたり
症状を抑える事、または、症状を和らげ、
アレルギー治療薬の使用量を減らすことも、期待できます。

Q:気を付けることは?


A:アレルゲンを投与する事から、
服用後にアレルギー反応が起こる恐れがあり、
まれに強いアレルギー症状が発現する恐れがあります。

Q:何歳から治療が出来るの?


A:5歳から可能となっています医師とご相談ください。
※当院では中学生未満の方は診察いただけません


初めての方はお電話ください

初めての方はお電話ください