• 大船駅笠間口徒歩8分
  • 予約優先
  • 保険診療
予約優先
大船駅徒歩8分(イトーヨーカドー前)
0467-48-6678

平日9:00~20:00 土曜9:00~18:00 日曜10:00~16:00

アルコール依存症

アルコール依存症とは

誰もがかかる可能性のある薬物依存症の一種で、
長期間にわたって飲酒が習慣化し、いつの間にかアルコールの摂取で得られる精神的や肉体的な作用に強く囚われていき、
結果、自らの意思で飲酒行動をコントロールできなくなり、強迫的にアルコールを摂取しないといられなくなる状態に陥ります。
弊害はアルコールによって肝障害など自らの身体を壊してしまうだけではありません。
人としての思いやりを失ったり、家族に迷惑をかけたり、様々な事件や事故、トラブルを引き起こしたりして、
社会的にも周囲の人からも信用を失ってしまうこともあります。

アルコール依存症

原因

意志の弱さや特定の性格傾向が原因では決してありません。
飲酒は適量であれば、深刻な健康被害を引き起こすことはありません。
しかし、毎日の飲酒習慣が身に付き、同じ量の飲酒では今まで通り酔うことができなくなると
次第に飲酒量が増えていきます。
そして、長期間大量の摂取を続けると、アルコールが常に体内に存在することが
正常な状態と脳が認識するようになります。
脳の仕組みが変化することで、猛烈にアルコールを欲するようになり、依存症に陥ります。

症状

アルコール依存症の症状は大きく2つに分けられます。

精神的依存

飲酒をしていないときでも、絶えずアルコールに対して精神的・行動的に囚われ、
強い欲求を病的に持っている状態で、
飲酒を自らの意思でコントロールできなくなり、以下のような状態になります。

・お酒を飲むべきではないときも飲んでしまう
・飲み始めると飲む前に思っていた量よりも、つい多く飲んでしまう
・いつでも手の届くところにお酒を置いておかないと落ち着かない
・数時間ごとの連続しての飲酒
・朝からの飲酒
・仕事中も隠れて飲酒

身体的依存

アルコールがいつも体内にある状態が続くと、脳はそれが普通の状態だと認識します。
すると、アルコールが抜けてくると、生体バランスが崩れてしまいます。
結果、様々な離脱症状(禁断症状)が出て日常生活や社会生活が困難な状態に陥ります。
起こる症状としては、「手のふるえ」「多量の発汗」「脈が速くなる」「吐き気」「イライラ」「高血圧」「不安感」「うつ状態」「幻聴」「幻覚」などです。
そして、これらの離脱症状を抑えるためにまた飲酒してしまうという悪循環に陥ります。

検査及び診断

日頃の飲酒量や飲酒に関する行動、飲酒歴など、様々な要因を総合的に判断したうえで、
アルコール依存症という診断がおります。
患者様の話だけではなく、家族など身近にいる人の話も重要な判断材料となります。
それらの話をWHO(世界保健機関)が定めている診断基準と照らし合わせます。

WHO(世界保健機構)診断基準
下記6項目で、過去1年間に3つ以上当てはまるとアルコール依存症ということになります。
1 飲酒したいという強い欲望または強迫感
2 飲酒の開始、終了、飲酒量に関して行動を統制することが困難
3 禁酒あるいは減酒したときの離脱症状
4 耐性の証拠
5 飲酒にかわる楽しみや興味を無視し、飲酒せざるをえない時間や
その効果からの回復に要する時間が延⾧
6 明らかに有害な結果が起きているにもにもかかわらず飲酒

治療方法

アルコール依存症になると、治癒することはありませんが、「回復」することはできます。
回復していくためには断酒を続けていくしかありません。
短期的に断酒することは比較的容易ですが、再発しやすいのが特徴です。
再飲酒となった場合には、断酒前の飲酒パターンにすぐに戻ってしまう傾向にあります。
断酒を継続するためには、アルコール依存症の専門外来に通院することと、
長期的なアフターケアとして、
断酒会やAA(アルコホーリクス・アノニマス)といった自助グループ
(アルコール依存症を抱える人達が断酒の継続を目的としたグループ)への
継続的な参加が特に重要とされます。

自助グループの担う役割は、断酒のためだけではありません。
仲間との交流を通じ、社会的、そして心理的な回復を図る場でもあります。
その他、抗酒薬という断酒継続のための内服薬はありますが、
こちらはあくまでも補助的に使われることが多いです。
抗酒薬とは、肝臓でのアルコールの分解を阻害する働きがあり、
この薬の内服後に飲酒するとひどい二日酔いの状態になります。
この効果を断酒のサポートとして利用します。
外来治療からスタートし、通院では断酒がなかなか難しい場合や
内科合併症が重篤な場合は入院治療も行われます。

継続していくためには、まず本人が断酒をすると決意することがとても大切です。
しかし、アルコール依存症に悩んでいる方の中には病気であることを隠し、
自分でお酒の量を減らしたり止めようとしたりする人がいます。
アルコールは麻薬と共通する作用がある依存性薬物の一種でもあります。
なかなか自分の意思だけでお酒を控えることは難しく、元の飲み方に戻ってしまいます。
他の病気と同じように、回復される人も多くいます。
医療機関を受診し、1人で抱え込まず回復を目指していきましょう。

  • 統合失調症
  • 双極性障害
  • PTSD
  • CPTSD
  • パーソナリティー障害
  • アルコール依存症
  • 強迫性障害
  • 不眠症