習い事の日

こんにちは。 事務スタッフゆゆと申します。

私は、週休2日のうちの1日は、習い事の日と決めています。
お昼からテニスに行き、その後ジャズダンス、一度お家に帰り軽く夕飯を取って、夜クラシックバレエというスケジュールです。

よく人から言われる事が、「休みなのに、余計疲れないの?」
・・・これが何と申しますか、好きな事なので、全く疲れを感じないのです。
   仕事のON-OFFの切り替えもでき、次の日スッキリ快調です。

「体だけでなく頭も鍛えた方がいいじゃない?」
・・・う~ん、それは確かに納得です。(そして別日、パソコンを習い始めました。)

「そんなに習って、何を目指しているの?」
・・・ただただ楽しくて、やめられない、絞れない。
   逆にどんどん習い事が増えていき、出費がかさむ~~。

しかし、最近思うことがありました。
思うように体を動かすことができるのも、あと何年だろう・・・?
『有終の美を飾る』ではないが、何か結果を出したい!
期限を決めて、目標を持とう!

そこで、テニスの大会に出場してみようと。
しかしながら、練習する時間や費用にも限りがあり、また練習相手やペアが必要です。
ちょっと視点を変え、相手に対して勝負に勝つというよりは、自分に勝つ達成感に変えてみてはどうだろう。

そんな時、クラシックバレエの発表会の話を頂きました。
参加できるのであれば、ソロで躍らせてもらえると先生からのお言葉。
なんというタイミングなんだろう! これだ!

発表会は30年ぶり。 どこまで、この老化した体を戻せるだろうか。
最近、階段を上がるだけで膝がガタガタ、体もカチカチ・・・。
まずは柔軟と筋力をつけるところからです。
そして、トゥーシューズで立ち、表現力をつけ、見に来てくれた人達が感動してくれたら嬉しいです。

数字で表すことができない目標ですが、きっと手ごたえでわかるはず。
もう一度舞台に立ち、拍手喝采を浴びたい!!
この達成感を味わいたくて、発表会の5月までがんばろうと思います。


ページのTOPへ