心療内科

信愛クリニックの内科医は、身体と心が一体であると知っています。 心療内科
信愛クリニックの内科医は、身体と心が一体であると知っています。

心療内科

身体のことだけではなく、心の健康づくりもお手伝いします。
信愛クリニックの医師たちは、身体と心の両面を患者様の立場に立って診察いたします。気持ち健やかな毎日の生活のために、信愛クリニックがお手伝いいたします。

  1. 内科も心療内科も同じ医師が担当。安心して相談できる。
  2. 患者様の“不調”の原因を、身体と心の両面で診察。
  3. ゴールは、等身大の自分を受け入れること

病は気から。心の状態は身体にも大きく影響します。

「身体のここが痛くて…」。でも、診察してみると、「特に、どこにも異常はありません」。
そのような経験はないでしょうか。胃の痛みや頭痛、めまいなど、身体の不調の原因は、不安やストレスによるものが多くあります。心と身体は密接に関係しています。患者様が痛いと訴える時、それは、本当に身体の痛みの感覚でありながら、その原因は体の異常ではなく、ストレスや不安、プレッシャーに対する反応としての痛みであることがあります。信愛クリニックの内科を担当する医師たちのほとんどが、心療内科も担当しています。身体の不調を訴える患者様を内科の視点で診察し、さらに心療内科の視点でも患者様の状態を拝見いたします。身体と心の両面を、同じ医師が診察できることは、信愛クリニックが多くの患者様に信頼いただく大きな特長の一つといえるでしょう。

からだや心にサインが出ていませんか?

  • 体調がよくないのに、病院での検査では問題がないといわれた
  • 原因不明の痛みや不快感が続いていて、通院しているが一向によくならない
  • 歳だから、更年期だから仕方がない、とあきらめている辛さがある
  • よく寝た気がしない
  • だるい、疲れやすい、体が重い
  • 会社や学校に行くのがおっくうに感じる
  • 以前は楽しめたことが最近楽しめない
  • 気分が沈みがちだ
  • 気になることがあり、そのことばかり考えて他に何もできない
  • 色々なことが心配でたまらない
  • 電車や人ごみが苦手だ
  • ひどいアガリ症で、これさえなければなぁと思う
  • 見られていると思うと緊張してダメ
  • おなかが張ってガスが気になってしまう
  • のどに何かが詰まったような感じがある
  • 耳鳴りが続いている
  • しびれた感覚があり、よくならない
2週間以上続いたら要注意です。
気になることがあれば是非一度ご受診ください。

私って病気なの?

「薬を処方されたということは、私は心の病気なのかしら」
と考えてしまいますが、実際には病気というほどでなくても、薬を利用して元気になってゆきます。
「病気」と「健康」の境目はどこにあるのでしょう?

なんと実は、はっきりとした境界線はないのです!
医師が、
「一連の症状によって日常が著しく障害されている」
と判断すれば、病気です。

日常が著しく障害されているって??

たとえば、夜眠れなくなって、気分が落ち込み、体調が悪くて、そのために学校や職場にいけない日々が続いていれば、日常が著しく障害されている、と言えるでしょう。
では、何とか学校や職場には通っているものの、結構つらいなぁ…と感じているときは?
おそらく日常の予定などを一通りこなしていれば、それは病気とは呼べないかもしれません。
そう、そんなふうに曖昧なのです。

でも信愛クリニックでは、あなたが病気なのかどうかは、あまり気にしないのです。あなたがどんな辛さ、苦しさをもっているのかが問題です。
「こんな苦しさがあるのですね」と捉えることと、「正常か、異常か」と区別することは違います。私たちは人を診るとき、「この人は病気だ」「この人は正常だ」というふうには診ていません。
つまり、薬を処方したから病気という訳ではなく、病気だから薬を処方するわけでもない。そこにあなたの辛さ、苦しさ、不自由さがあるとき、あなたがそれを乗り越えるための道具のひとつとして薬を提供しています。

絶好調とは?

  • 気持ちよく眠れていること
  • 意欲があふれていること
  • 気分が明るいこと
  • 食事がおいしいこと
  • 些細なことが嬉しく、素晴らしく感じること
  • イライラせず、落ち着いていられること

そんなコンディションをどうすれば得られるのでしょうか?
数多くの患者様を拝見していて、気づくことは

結局は人間関係に尽きる

ということです。
私たちの人間関係の質がよくなっていけば、私たちの状態・コンディションはよくなってゆく。
では人間関係をよくするには、どうすればよいのでしょう?
相手を変える?いえいえ、それはできません。実は最も重要な人間関係とは、自分との関係です。自分で自分をどう見ているか、自分が何に向かうのかが、「自分」をつくります。そのような自分が他人にどれくらい共感し、どれくらい親密になろうとし、どれくらい満たされる関係を持つのかが、人生の本当の価値を決めると考えます。そのために表現とコミュニケーションを磨いていくことこそ、本当の精神の健康につながっているのだと考えています。

信愛クリニックの心療内科におけるゴールとは?

私たちの心療内科が目指すゴールは「健全な自己愛を育てること」です。
健全な自己愛とは等身大の自分を深く知るところから始まります。
ありのままの自分を知って受け入れたとき、あなたは自分の良いところも、悪いところも「今はそうなんだ」と認めて、そしてそんな自分を「よく頑張ってきたな」と承認しています。
すると、自然とあなたは良いところと悪いところを持つ他の人を認めて受け入れることができます。そうなった時にあなたは他の人とこれまでより深い関係を作っているでしょう。そうやって大切な人とより多くを共有することが幸せであると私たちは定義づけています。

初診の際にはお電話でご予約をお願いいたします

心療内科初診の患者様には、しっかりお時間を取って診察をさせていただきたいと思いますので、受診される前にお電話でご予約をお願いいたします。

ご予約・お問い合わせ 0467-48-6678

※健康保険証が使えますが、労災指定医療機関ではありません。
労災保険にて治療を希望の方はご期待にそえず申し訳ございません。

ページのTOPへ