• 大船駅笠間口徒歩8分
  • 予約優先
  • 保険診療
  • 大船郵便局前
予約優先
大船駅徒歩8分(イトーヨーカドー前)
0467-48-6678

月曜~土曜9:00~18:00 日曜10:00~16:00

食道がん

食道がんとは、名称からも分かるように食道にがんができてしまう症状です。 食道とは、喉から胃に渡る管のような臓器です。 食道は多層となっているのですが、日本人の食道がんのおよそ9割以上が一番内側の粘膜・重曹扁平上皮に発生します。 ちなみに欧米人の場合、腺癌と呼ばれる食道がんが6割から7割ですが、日本人では1割以下となっているなど、食道がんは生活習慣や体質で微妙に症状に変化がみられるものです。 また、粘膜内だけのものを早期食道がん、粘膜下層まで及んでいるものを表在食道がん、さらに深い層まで進んでいると進行食道がんと呼びます。 食道がんは、他のがん同様、転移します。 当初は食道にできていたとしても、他の臓器に転移する可能性もありますし、転移した場合、食道がんをどうするのかではなく、体の中のがんをどうするのかを考えなければなりませんので、早期発見・治療の重要性が高いです。

胃カメラ

原因

飲酒と喫煙が食道がんの主な原因とされています。
飲酒、つまりアルコールを摂取すると、
体内にてアルコールが代謝されることでアセトアルデヒドが生まれますが、
アセトアルデヒドこそ、発がん性物質です。
アセトアルデヒドは酵素によって分解されるのですが、
酵素の働きが弱いとアセトアルデヒドが分解されずに体内に残り、
食道がんになりやすいです。
タバコに関しては煙が発がん性物質を多量に含んでいることから、
喫煙者のがん率は高く、特にタバコの煙が体内に入る際の通り道である
食道もがんになりやすい部分です。
タバコとアルコールは全く別のものですが、
喫煙と飲酒の双方を楽しんでいる人も多いです。
この場合食道がんリスクをより高めてしまいます。

症状

食道がんは初期段階で自覚できる患者は稀です。
しかし、進行することで飲食時に胸の痛みや
上手く呑み込めないといった違和感を覚えたり、
熱い物を摂取した際に染みる症状があります。
さらに食道がんが進行すると、胸だけではなく胸の奥である
背中に痛みを生じるケースもあれば、
たんに血が含まれているケースもあります。
さらに食欲の減衰による体重減少、咳、
声のかすれといった症状も確認されます。

検査および診断

上部消化管内視鏡検査、上部消化管造営検査にて食道がんを診断します。
ただし、先にもお伝えしたように食道がんは初期段階では自覚が難しい症状です。
そのため、食道がんのための検査ではなく、
健康診断にて食道がんを発見するケースも見受けられます。
また、食道がんであることが判明したら病理検査や超音波内視鏡検査にて
がんのタイプや進行具合の診断、顎部超音波検査、CTやMRI、
血液検査などで他の臓器への転移はないのかなど、細かい検査を行います。

治療 

食道がんの治療は、がんの進行具合によって異なりますが、
基本的には進行具合によっていくつかに分類されます。

内視鏡治療

内視鏡を用いてのがん治療です。
あくまでも内視鏡のみで可能なので大きな手術と
比較すると患者の体力的な負担が軽減されます。
1時間かからずに治療することも可能ですが、
あくまでも初期段階で、かつがんが食道粘膜に
とどまっている場合にのみ治療することが可能です。

手術

いわゆる外科的な手術です。
食道がんの場合、食道や食道周囲のリンパ節まで摘出するケースが一般的です。
基本的に、日本人の食道がんは重曹扁平上皮に生じるものなので、
切除するためには胸を開ける必要がありますので、
内視鏡治療と比較すると患者様の体力的負担は大きなものになります。
ただし、転移がみられる場合には手術をしても効果が期待できないことから、
あくまでも転移がみられない段階での治療法となります。

放射線治療

体の外からX線を照射する治療です。
食道がんの場合、食道が狭くなることで食事負担が大きくなることが
懸念されるので入院して治療するケースも見受けられます。
患者の体力的に手術は不安があるケース、
あるいは他の症状との兼ね合いなどから放射線治療が選ばれます。

抗がん剤治療

薬によってがん細胞に働きかける治療です。
食道がんだけではなく、様々ながん治療にて用いられる手法です。
吐き気や食欲不振、脱毛、口内炎といった副作用が確認されています。
抗がん剤治療だけで行われるケースもあれば、
放射線治療と組み合わせたり、あるいは手術後に用いられるケースもあります。

予防と治療後の注意点

飲酒と喫煙が食道がんリスクを高めることが分かっていますので、
禁酒・禁煙は食道がんの治療後の生活習慣としてだけではなく、
食道がんの予防にも効果的です。
また、予防に関しては早期発見こそ重要になりますので、
定期的な健康診断が重要です。
先にもお伝えしたように、食道がんは初期段階では自覚が難しいものの、
会社の健康診断を受けて発見できたとするケースがあります。
定期的な健康診断や、少しでも喉に違和感がある場合には早めに検査・
診断を受けることが大切です。
食道がんに限らず、がんは早期治療が重要なので、
如何に早く発見できるかが大切です。

  • アニサキス
  • ピロリ菌
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 胃ポリープ
  • 咽頭がん
  • 食道がん
  • 食道裂孔ヘルニア